自然豊か

紅葉

優雅で綺麗な夜景が印象に残る兵庫県は、貿易の街として長年栄えてきたため、街に至る場所でその名残を見る事ができます。
日本建築とはまた一味違った建物が、ロマンチックで更に思いを馳せる事ができます。
兵庫県で有名なものと言えば、神戸の夜景が挙げられます。
毎年同じ時期に行うのですが、街の一部を大胆にイルミネーションして飾りつける事で、壮大な世界観を作り上げています。
まるでおとぎ話の世界に入ったような感覚になれるため、子供から大人まで幅広い世代に人気があります。
巨大なモニュメントのようになっているため間近で見ると迫力があり、一定の距離を保って見ると不思議な街並みに見えます。
その違いを楽しめるのも魅力です。

このイルミネーションは、毎年12月に神戸市の旧居留地において開かれています。
1995年から続くイベントであり、幾何学模様と電飾を用いて、昼間と夜間では違う面が見られるのが特徴です。
作品はイタリア人と日本人の共同で制作されています。
阪神地方で起こった大震災の鎮魂と追悼、街の復興を願うため神戸に人を呼び戻すために始まったのですが、長年の功績が認められ、現在では風物詩として多くの人に親しまれています。
メイン会場には複数の作品が会場を囲むように立てられています。
最近は省エネ活動に協力するため、一部作品でLEDを使用しています。
しかしもともとは鎮魂や追悼の意味が込められているため、作品の大部分は白熱電球が使用されています。